月刊土木技術

随時更新中!!

 

2016年11月号

特集

土木と生物多様性

表紙写真

巻頭写真

中写真

目次

特集1●建設業と生物多様性の係わり

(一社)日本建設業連合会 環境委員会 生物多様性部 部会長 大塚 義一

特集2●多摩川における生物多様性保全の取組み

国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所 河川環境課 課長 樋口 淳司

特集3●七北田川河川災害復旧事業における環境配慮の取組み‐蒲生干潟の保全・再生に向けて‐

宮城県 土木部 河川課 課長 茂泉 博史

特集4●水域・陸域における生物多様性保全への取組み

大成建設(株) 技術センター 課長 大野 剛

特集5●沿岸域における生物多様性保全の取組み

鹿島建設(株) 技術研究所 地球環境バイオグループ 葉山水域環境実験場 上席研究員 リン ブーンケン 

特集6●生態系の保全に取り組むダム工事

清水建設(株) 土木技術本部 ダム統括部 部長 加瀬 俊久

特集7●土木現場での生物多様性(緑化)の取組み‐「どんぐりプロジェクト」とミャンマーでのマングローブ植林‐

(株)安藤ハザマ 技術本部 技術研究所 先端・環境研究部 主任研究員 池田 穣


ラボ&カレッジ●NIPPO 技術本部 総合技術部 技術研究所‐新たな社会ニーズに対応する技術関連部署が集結‐

(株)NIPPO 技術本部総合技術部 技術研究所研究第二グループ 課長 
安藤 政浩

見て歩き土木遺産●佐渡の土木遺産『大間港』‐近代産業の発展を支えた港‐

新潟県 土木部監理課 企画調整室長 
東海林 晃

海外インフラレポート●フィリピン共和国のインフラ事情

在フィリピン日本国大使館 一等書記官 
大谷 江二

口絵①●建設業と生物多様性の係わり


空から見た土木●瀬戸内海の橋

  

口絵②●七北田川河川災害復旧事業における環境配慮の取組み‐蒲生干潟の保全・再生に向けて‐

 

スポットライト●現場第一主義

大成建設(株) 代表取締役副社長執行役員 台 和彦

地域の発見「紀の川市」●フルーツ王国のまちづくり

紀の川市役所 市長公室 広報広聴課 
係長 佐野 妃芙美

女性技術者からのメッセージ●高速道路の現場で働く女性技術者

西日本高速道路(株)関西支社 
新名神兵庫事務所 松下 ゆかり