月刊土木技術

随時更新中!!

 

2012年4月号

特集

ロボティクス・自動化技術

表紙写真

-

巻頭写真

-

中写真

目次

特集:ロボティクス・自動化技術

近年,ロボットは製造業をはじめとして医療,福祉,生活支援,極限作業,人間科学研究など様々な分野で利用拡大が図られている。建設工事においても,安全性の確保,少子高齢化・熟練技能者不足対策や社会基盤整備の効率化・高品質化・生産性向上,ライフライン老朽化対策,災害対応無人化作業,産業廃棄物処理等への適用など,ロボット化や自動化技術に対する期待が高まっている。本特集では,こうした課題に取り組むロボティクス,自動化技術の現状と課題,将来展開について紹介する。

巻頭言●ロボティクスの動向と土木技術分野への期待

立命館大学 理工学部 教授 川村貞夫

総説●ロボット技術分野の将来展開-我が国ロボット開発の取組みと建設産業へのロボット技術の適用-

独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 技術開発推進部 髙津佐功助

特集1●災害復旧に貢献する無人化施工技術

財団法人 先端建設技術センター 上席審議役 新田恭士

特集2●施工の効率化,高品質化に貢献する自動化技術・ロボット技術

大成建設株式会社 土木本部 機械部 技術室長 立石洋二

特集3●東京の下水道を支えるロボット技術-安全かつ効率的な維持管理,建設に向けて-

東京都下水道局 施設管理部 課長 久米栄一

特集4●土木分野における計測,リモートセンシング技術の高度化と自動化

(株)地層科学研究所 社長 里 優

世界から見た日本●Great East Japan Earthqake: Truths, Fallacies and Lessons

東海大学 海洋研究所 Omer AYDAN

ドボク・マニアックス/送電鉄塔

送電鉄塔写真家 長谷川秀記

世界の土木遺産●サハリンにおける日本統治時代の土木遺産

岡山大学大学院 環境学研究科 准教授 樋口輝久

技術開発最前線●有機薄膜太陽電池の開発と建材分野への展開

三菱化学株式会社 OPV事業推進室 建築デバイス部長 半田敬信

PPP最新事情●鉄道オペレーターの海外展開-Veolia Transportと香港MTRの事例比較-

財団法人 運輸調査局 調査研究センター 副主任 中野彩香

世界のインフラ事情●「現地化」のススメ-インフラ関連日本企業の「現地化」戦略とは?-

タイ王国 政策顧問 松島大輔

経済産業省 アジア大洋州課 中塚晋一郎

注目のプロジェクト●幌延深地層研究計画における地下施設の建設

独立行政法人 日本原子力研究開発機構 幌延深地層研究ユニット 研究員 津坂仁和

独立行政法人 日本原子力研究開発機構 幌延深地層研究ユニット 研究副主幹 杉田 裕

独立行政法人 日本原子力研究開発機構 幌延深地層研究ユニット 施設建設課 主査 工藤 元

地域の話題と情報(都道府県)●福井県の道路雪対策-過去の雪害を教訓として-

福井県 土木部 道路安全課 主任 神門博文

地域の話題と情報(市町村)●観光産業を活かした北東北の交流拠点都市-みちのくの城下町の地域景観とまちづくり-

秋田県 仙北市 建設部 課長 金谷正美

海外の契約約款解説●FIDICの解説(設計施工版)(4)FIDICの基本構造2(発注者,ジ・エンジニア)

海外建設協会 国際建設プロジェクトアドバイザー

内藤誠二郎

女性技術者からの話●利用者の声を活用した道路管理

東京都 北多摩南部建設事務所

用地第一課 係長 山下涼華

若手技術者からの話●首都高速道路の機械設備

首都高速道路株式会社

技術部 阿部裕亮

土木技術アーカイブス(第28回)●日本初の大口径泥水シールドトンネル施工の意義-桑名正治,矢吹俊一「京葉線における泥水式シールド工事の概要」昭和46年9月号-

公益財団法人 鉄道総合技術研究所 構造物技術研究部 主管研究員 小西真治

予定目次

編集後記


■地域の話題と情報(都道府県)●福井県の道路雪対策-過去の雪害を教訓として- 福井県 土木部 道路安全課 主任 神門博文 ■地域の話題と情報(市町村)●観光産業を活かした北東北の交流拠点都市-みちのくの城下町の地域景観とまちづくり- 秋田県 仙北市 建設部 課長 金谷正美 ■海外の契約約款解説●FIDICの解説(設計施工版)(4)FIDICの基本構造2(発注者,ジ・エンジニア) 海外建設協会 国際建設プロジェクトアドバイザー 内藤誠二郎
■女性技術者からの話●利用者の声を活用した道路管理 東京都 北多摩南部建設事務所 用地第一課 係長 山下涼華 ■若手技術者からの話●首都高速道路の機械設備 首都高速道路株式会社 技術部 阿部裕亮 ■土木技術アーカイブス(第28回)●日本初の大口径泥水シールドトンネル施工の意義-桑名正治,矢吹俊一「京葉線における泥水式シールド工事の概要」昭和46年9月号- 公益財団法人 鉄道総合技術研究所 構造物技術研究部 主管研究員 小西真治 ■予定目次 ■編集後記