月刊土木技術

随時更新中!!

 

2009年11月号

特集

砂防

表紙写真

平成18年6月の梅雨前線豪雨により地すべり災害が発生した中城村安里地区は,沖縄県の災害史上前例がないほどの大規模なものであった。 地元住民による前兆現象の発見から,その後の迅速な避難等の対応により人的被害は免れたが,道路(県道35号線・村道坂田線)の寸断による交通網のまひ,住民の避難生活等,地域住民に与えた影響は計り知れないものがあった。 発災から1年半後には住民の避難指示が全面解除され,県道および村道の供用再開と順調に復旧工事を進め,3年が経過した現在では元の平穏な日々を取り戻しつつある。 事業主体: 沖縄県 土木建築部 海岸防災課 TEL 098-866-2410

巻頭写真

七五三掛地すべりの緊急対策工事/白山砂防における無人化施工/岩手・宮城内陸地震後の土砂災害対策/沖縄の地すべり災害/鳥取県智頭町市瀬の地すべり災害/現地発生土砂を活用した砂防工事の取り組み

中写真

目次

特集

 砂防 特集企画:(社)全国治水砂防協会 岡本正男

今後の砂防事業の展開と技術開発

 国土交通省 砂防部 保全課 保全調整官 栗原淳一

七五三掛地すべりの緊急対策工事 大沼秀幸・渡辺善彦

完全無人化施工に向けて―富士山大沢崩れ源頭域調査工事―

 国土交通省 中部地方整備局 富士砂防事務所 建設監督官 岩本年正

国庫補助火山砂防事業

 大谷川山腹(華厳の滝周辺斜面)崩壊対策工事 栃木県 県土整備部 砂防水資源課 副主幹 阿部浩昭

白山砂防における無人化施工―無人化技術の開発と応用―

 国土交通省 北陸地方整備局 金沢河川国道事務所 二木 渉・稲垣裕之・本田正和

岩手・宮城内陸地震後の土砂災害対策

 国土交通省 東北地方整備局 河川工事課長 小松 寿

沖縄の地すべり災害

 沖縄県 土木建築部 海岸防災課 主任 新垣明宏

鳥取県智頭町市瀬の地すべり災害~土砂崩落対策とその取組~

 鳥取県県土整備部 治山砂防課 企画調査係長 森 泰雄

現地発生土砂を活用した砂防工事の取り組み

 (財)砂防・地すべり技術センター 砂防技術研究所長 松井宗廣

その他

 表紙写真説明 予定目次 情報のページ Back Number 編集室

スポットライト

●南北600kmに拡がる海岸域を対象とした研究課題への取組み 鹿児島大学大学院 理工学研究科 海洋土木工学専攻 教授 浅野敏之

連載

●「土木が生み出す魅力」(環境シリーズ) 第9回 土砂災害防止と河川生態系保全の両立を目指した新たな試み (財)砂防・地すべり技術センター 総合防災部 技術課長 枦木敏


■その他  表紙写真説明 予定目次 情報のページ Back Number 編集室
■スポットライト ●南北600kmに拡がる海岸域を対象とした研究課題への取組み 鹿児島大学大学院 理工学研究科 海洋土木工学専攻 教授 浅野敏之 ■連載 ●「土木が生み出す魅力」(環境シリーズ) 第9回 土砂災害防止と河川生態系保全の両立を目指した新たな試み (財)砂防・地すべり技術センター 総合防災部 技術課長 枦木敏