月刊土木技術

随時更新中!!

 

2004年11月号

特集

表紙写真

◇苫田ダムは、高さ74m、堤頂長225mの重力式コンクリートダムである。重力式コンクリートダムとしては国内初のラビリンス型非常用越流頂を採用している。 ダム本体の工事は、平成11年6月に起工し、平成14年12月にコンクリート打設を完了した。本年5月からは試験湛水を実施している。 (佐藤・鴻池・アイサワ共同企業体)

巻頭写真

◇苫田ダム建設事業 ◇「ひびきコンテナターミナル」の開港に向けて ◇耐震性(セメント改良補強土)橋台の実用化 ◇急速施工による交差点の立体化(平成15-16年度原田高架橋工事) ◇地すべり動態観測における新型GPS自動計測システムの適用性 ◇新タイプの大型技術誘導プロジェクト"LOTUS Project"(開発目標コストの発表) ◇粗石式魚道ブロック

中写真

目次

時評

工事報告

◇苫田ダム建設事業(野津 誠・浜田健一)

◇「ひびきコンテナターミナル」の開港に向けて(吉本靖俊・日巻 繁・永田哲也)

◇鍾乳洞が出現したトンネルの補強と保存(橋を架けて鍾乳洞の保存)(吉川正昭・西原 滋・濱手慎也・辻 雅規)

新工法紹介

◇耐震性(セメント改良補強土)橋台の実用化(舘山 勝・青木一二三・米澤豊司)

◇急速施工による交差点の立体化(平成15-16年度原田高架橋工事)(上路 茂・山田栄司・伊賀達也)

新技術紹介

◇地すべり動態観測における新型GPS自動計測システムの適用性(田山 聡・細野泰生・平野宏幸)

下水道・新技術紹介

◇新タイプの大型技術誘導プロジェクトLOTUS Project(開発目標コストの発表)(堀江信之・加畑雅宏・吉澤正宏)

土木研究所の新技術(12)

◇粗石式魚道ブロック(柏井条介)

紹介

◇次期道路橋示方書の構成,当面のスケジュール及び橋梁委員会体制について(案)((社)日本道路協会橋梁委員会)

わかり易い擁壁設計講座

◇第3回 土圧理論(その2)(試行くさび法と改良試行くさび法)(右城 猛)

下水道・新技術紹介

◇新タイプの大型技術誘導プロジェクトLOTUS Project(開発目標コストの発表)(堀江信之・加畑雅宏・吉澤正宏)

技術士・技術士補シリーズ(17)

◇速報!! 平成16年度出題問題 技術士第二次試験(建設部門)必須科目 5肢択一・他(水道・環境・総合技術監理部門)論文形式

ニュース・読物・他


■技術士・技術士補シリーズ(17) ◇速報!! 平成16年度出題問題 技術士第二次試験(建設部門)必須科目 5肢択一・他(水道・環境・総合技術監理部門)論文形式
■ニュース・読物・他