月刊土木技術

随時更新中!!

 

2003年12月号

特集

シールド工法

表紙写真

◇清澄白河駅では,超軟弱粘性土層を世界初の側部先行・中央揺動型三連シールドマシンにより掘進しただけでなく,覆工についても三連型トンネルとして初めて鉄筋コンクリート製セグメントを採用した。(中央:完成状況,左下:マシン到達状況,右下:坑口から見た三連シールドトンネル)

巻頭写真

◇特集:シールド工法

中写真

目次

(巻頭言)シールド工法について

 (矢萩秀一)

最近のシールド工法の動向

 (小泉 淳・藤木育雄)

シールドトンネルの設計方法

 (入江健二・鈴木久尚)

シールドトンネルの計測事例に基づく覆工応力および変形の発生機構

 (沼田 敦・村松 泰)

覆工の新しい継手構造

 (大石敬司・村松 泰)

シールド断面の形状

 (大塚 努・守山 享)

シールド形式の選定

 (高橋 聡)

シールド機と装備

 (末富裕二・杉森 真)

地盤変位と掘進管理(発生機構と予測解析および計測事例)

 (荻野竹敏・沼澤憲二郎・軽込 茂)

シールド工事におけるコスト縮減の取組み

 (野焼計史)

シールド工法の環境対策(辻 雅行・太田晴雄)最近のシールド工法の動向

 (小泉 淳・藤木育雄)

ニュース・読物・他

時評

技術士・技術士補シリーズ(7)

 ◇速報!! 平成15年度出題問題・技術士第二次試験(総合技術監理部門)問題および解説


■ニュース・読物・他
■時評 ■技術士・技術士補シリーズ(7)  ◇速報!! 平成15年度出題問題・技術士第二次試験(総合技術監理部門)問題および解説